聲の形

聲の形(こえのかたち)は「マンガ大賞2015」3位・「コミックナタリー大賞」1位・「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位を受賞している人気コミック。聴覚障害を持つ西宮硝子(にしみや しょうこ)と、硝子をいじめる石田将也(いしだ しょうや)が主人公。二人以外の登場人物の視点を含めて物語が進んでいきます。コミック及びアニメ映画版でも、ストーリーだけでなく描かれる街並みや景色にも注目したい作品です。

聲の形の聖地・舞台について

聲の形の舞台・聖地の中心となっているのは岐阜県大垣市。「水都20選」や「平成の名水百選」にも選ばれるくらい水が綺麗。また、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えたむすびの地としても有名です。

また聲の形の重要な『橋(美登鯉橋)』がある場所も、綺麗な水や緑に囲まれて美しい所です。聖地巡礼をして心がリフレッシュできる素敵な場所です!特に桜の季節はとても綺麗で、コミックの2巻の表紙と同じような桜の景色を見ることができます。

聲の形で登場する橋

私は大垣市が地元なので、何度も聲の形で登場する主要な聖地(舞台)を巡ってみました。将也や硝子がデートした場所として登場する、養老駅や養老の滝・養老天命反転地なども素敵な場所です。

あなたも「将也や硝子が通ったあの小学校はどこ?」「橋の場所は?」「デートした所はどこなの?」と思いませんか?それぞれの聖地の場所や写真・住所等の詳細情報は、下記に各場所ごとにまとめましたのでご覧ください。そして是非あなたも大垣市に来て聖地巡礼を行って楽しんでみてください!

スポンサーリンク

映画について

映画『聲の形』の本予告はこちら

2015年に劇場アニメ化が決定し、2016年の9月17日に公開されました。制作は「氷菓」などを手がけた京都アニメーションで、大垣市の街並みを美しく描いています。主題歌は熱狂的な原作ファンでもある歌手のaikoが担当しました。

サッカーのFC岐阜と聲の形のコラボ試合を行うなど盛り上がりを見せている。原作者は大今 良時(おおいま よしとき)先生で聲の形の聖地である岐阜県大垣市出身です。

聲の形の各聖地の詳細は下記から!

※ログインしてお気に入りに追加
Copyright(c) 2015 Anime Culture All Rights Reserved.